1. ART FACTORY城南島トップページ
  2. お知らせ

【展覧会のお知らせ】三島喜美代「ヴォイド オブ ニッポン 77 展 戦後美術史のある風景と反復進行」2022.8.15-9.25 @GYRE GALLERY

ART FACTORY城南島に作品を常設している「三島 喜美代」さんがグループ展に参加されています。
ぜひご覧下さい。

「ヴォイド オブ ニッポン 77 展 戦後美術史のある風景と反復進行」

会期:2022年8月15日(月) - 9月25日(日) *8月22日(月)休館日
時間: 11:00 – 20:00
入場料:無料
場所:GYRE GALLERY
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1
電話:03-5771-8808

詳細は以下をご覧ください。
ヴォイド オブ ニッポン 77 – 戦後美術史のある風景と反復進行 – | ART & GALLERY | GYRE (gyre-omotesando.com)

【芸術祭のお知らせ】伊藤恵理/當眞嗣人/藤好邦江「第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」2022.10.2-11.27 @ときわ公園 UBEビエンナーレ彫刻の丘

ART FACTORY城南島 で活動されている「伊藤恵理」さん、「當眞嗣人」さん、「藤好邦江」さんがアーティストユニット「909(ナイン オー ナイン)」として芸術祭に参加されます。
ぜひご覧ください。

「第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」

会期:2022年10月2日(日) - 11月27日(日) 
時間:10:00-16:00
場所:ときわ公園 UBEビエンナーレ彫刻の丘
〒755-0025 山口県宇部市野中三丁目4番29号
事務局電話:0836-34-8562  8:30~17:00(土日祝は除く)

芸術祭の詳細は以下をご覧ください。
UBE BIENNALE | 山口県宇部市〜60年の歴史をもつ野外彫刻展

会場へのアクセス等はこちらをご覧ください。
ときわ公園|山口県宇部市 (tokiwapark.jp)

【展覧会のお知らせ】久野彩子「コレクション展1 うつわ」2022.5.21-10.16 @金沢21世紀美術館

ART FACTORY城南島のスタジオをご利用いただいている「久野彩子」さんの作品が、金沢21世紀美術館で開催中のコレクション展にて展示されています。
ぜひご覧下さい。

「コレクション展1 うつわ」

会期:2022.5.21(土)~10.16(日)
時間: 10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
休場日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
料金:一般 450円(360円)、大学生 310円(240円)、小中高生 無料、65歳以上の方 360円
※( )内は団体料金(20名以上)
場所:金沢21世紀美術館
展示室1、3〜5、13 ※展示室5は9.11まで
〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1
電話:076-220-2800 (代表)

出品作家:葉山有樹、アニッシュ・カプーア、久野彩子、イ・ブル、見附正康、中村卓夫、中島晴美、奈良祐希、ピナリー・サンピタク、佐藤卓、田嶋悦子、富本憲吉、マイケル・ロウ 他

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1801

【芸術祭のお知らせ】早崎真奈美/淺井裕介「大地の芸術祭 越後妻有2022」2022.4.29.-11.13

ART FACTORY城南島をご利用いただいている「早崎真奈美」さん、「淺井裕介」さんが「大地の芸術祭 越後妻有 2022」にて、作品を展示されます。ぜひご覧下さい。

「大地の芸術祭 越後妻有 2022」

会期:2022年4月29日(金)-11月13日(日)
※全期間を通じて火・水曜日は休み(GWを除く)
時間:10時00分~17時00分(10・11月は10時~16時)
※各作品によって公開日・公開時間が異なる場合あり
場所:越後妻有地域(新潟県十日町市、津南町)760k㎡

アクセス
・お車の場合 –関越自動車道「塩沢石打IC」から国道353号十日町市まで約3時間
・高速バスの場合 -「東京駅」より十日町直通バス「緑の直行便」(グリーンライナー)で約3~6時間
・電車の場合-東京駅よりJR上越新幹線で越後湯沢駅へ、そこから北越急行ほくほく線で合計約2時間

作品鑑賞パスポート
一般  4,500円 
早期割 3,500円※早期割価格は7月29日まで
中学生以下 鑑賞無料

大地の芸術祭 越後妻有 2022へのお問い合わせ
〒948-0079 新潟県十日町市旭町251番地17 十日町市観光案内所内
電話:+81(0)25-757-2637
mail:info@echigo-tsumari.jp

詳細は以下をご覧ください。
大地の芸術祭 (echigo-tsumari.jp)

【展覧会のお知らせ】「Lounge Projent Exhibition 01 やましたあつこ 展」2022.10.7-11.13@ARTSTAY maison Fuwari

ART FACTORY城南島のスタジオをご利用いただいている「やましたあつこ」さんが、個展を開催されます。こちらは、「"DISCOVERY" ART WITH AIRPORT CITY&TOWN SCAPE ON WONDER / 内海聖史 展」と同会場内・同時開催の展覧会となります。
ぜひご覧ください。


「Lounge Projent Exhibition 01 やましたあつこ 展」

会期:2022年10月7日(金) - 11月13日(日)
休館日:月曜日 *祝日の場合はOPEN

時間
平日(火-金)12:00-17:00
土 12:00-17:00、日・祝日 10:00-17:00 *全日最終入場16:30
ナイトミュージアム(夜間展示)17:00-21:00 *最終入場20:30 開催日10月8日(土)22日(土)11月5日(土)
オープニングレセプション(ナイトミュージアム):10月8日(土)17:00-22:00 *どなたでもご来場頂けます。入場チケットの購入が必要となります。アーティストによるツアー(展示作品の説明)と交流会、夜間展示をご覧頂けます。

場所
ARTSTAY maison Fuwari
所在地:千葉県成田市大竹1093
最寄駅:JR 成田線下総松崎駅改札より徒歩5分(500m)
*お車では直接入ることが出来ません。通り抜け出来ないためご遠慮ください。
*北総線の駅からのアクセスはタクシーが必要となります。ご注意ください。

チケット
一般 700円 学生 500円 *中学生まで入場無料
*現地(会場)で直接チケット販売を行なっております。
現金、クレジットカード、paypay、QR決済をご利用頂けます。

詳細は以下をご覧ください。
SCAPE ON WONDER / 内海聖史 展 | "DISCOVERY" ART WITH AIRPORT CITY&TOWN | FUWARI NO MORI ART FOREST(ふわりの森アートプロジェクト)

【芸術祭のお知らせ】大野光一/やんツー「ATAMI ART GRANT 2022」2022.11.3-11.27 @熱海市内各所

ART FACTORY城南島のスタジオをご利用いただいている「大野光一」さん、以前ご利用いただいていた「やんツー」さんが、熱海で開催される芸術祭に参加されます。
ぜひご覧ください。

「ATAMI ART GRANT 2022」

会期:2022年11月3日(木・祝)〜11月27日(日)※会場により月と火は閉館
時間:11:00〜18:00 17:00受付終了
場所:ACAO SPA & RESORT、ACAO FOREST、Article Atelier & Gallery、Atami Design Club、熱海倶楽部リゾート&スパ、熱海温泉 古屋旅館、Atelier&Hostel ナギサウラ、cafebar&guesthouse ennova、起雲閣、來宮神社、キュレーションホテル 桃山雅苑、月の栖 熱海聚楽ホテル、バーコマド、姫の沢公園、nagisArt café、marunowa、薬膳喫茶gekiyakuなど熱海の協力施設や公共スペース
お問い合わせ:ACAO SPA & RESORT 株式会社内 PROJECT ATAMI事務局(〒413-8555 静岡県熱海市熱海1993-250)
E-mail:info@projectatami.com

■作品鑑賞パスポート
【一般】
早割:2500円(9月15日〜10月5日)※Peatixのみで取り扱い
前売:3000円(10月6日〜11月2日)
当日:3500円(11月3日〜11月27日)

【大学生・高校生・専門学生】※会場受付にて学生証の提示が必要です。
前売:2500円(10月6日〜11月2日)
当日:3000円(11月3日〜11月27日)
※中学生以下、入場無料
※一部会場は無料で観覧可能

■ATAMI ART GRANT2022 参加アーティスト(※五十音順)
ARIKA / 飯川雄大 / 内田涼 / 大野光一 / 小畑亮平 / Gal Sharf / 岸裕真 /島田清夏 / 添田奈那 / 髙木彩圭 / 髙橋銑 / 田中勘太郎 / Daniel Champell × Laure Julien × Kana Kitty / 中島崇 / NTsKi / Nimyu / 丹羽優太 × KEITAMARUYAMA / BIRDMAN / Hashe Al Lamki / 深田拓哉 / 藤田クレア / 布施琳太郎 / 松原豊 / MANTLE (Shu Isaka + Soshi Nakamura) / MES / 森貴之 / やんツー / やんばる・いってみ隊!(金島隆弘 x 佐々木真純 x 杉本裕一) / Lamya Gargash / waiwai research and design agency

■ACAO ART RESIDENCE 参加アーティスト(※五十音順)
Amanda Moström、金島隆弘、GROUP、小金沢健人、小松千倫、Shaikha Al Ketbi、CMTK(Chihiro Mori x Teppei Kaneuji)、Sophie Mayuko Arni、高村佳典、竹久直樹、冨安由真、中村壮志、Bady Dalloul、細野晃太朗、藤生恭平、藤倉麻子、松田将英、森山泰地、Lucas Dupuy

詳細は以下をご覧ください。
ATAMI ART GRANT

【展覧会のお知らせ】新垣美奈「羽田スマートシティEXPO2022秋」2022.9.16-19 @Hicity square café/bar

ART FACTORY城南島のスタジオをご利用いただいている「新垣美奈」さんが、「羽田スマートシティEXPO2022秋」の開催期間中、羽田イノベーションシティ内のカフェに作品を出展されています。
 
会期:2022年9月16日(金) ~19日(月・祝)
時間:10:00~17:00 ※営業時間内容は予告なく変更となる場合がございます。ご来店の際は店舗に直接お問い合わせください。
場所:Hicity square café/bar ~エイチ・アイ・シティ スクエア カフェバー~
〒144-0041 東京都大田区羽田空港1-1-4 羽田イノベーションシティ 2F(ゾーンJ)
電話:03-5579-7900
 
詳細は以下をご覧ください。

大田区OPENアトリエ開催のお知らせ

大田区を拠点に活動するアーティストが自主企画する「大田区OPENアトリエ」にART FACTORY城南島も参加します。
当日はアーティストが作品制作を行うスタジオを特別限定公開いたします。
ぜひアートが生まれる現場をご覧ください。

開催日(ART FACTORY城南島)
2022年9月3日(土)、4日(日)12時~17時 入場無料
ご来館は公式サイト(ART FACTORY城南島)より事前のご予約をお願いします。
https://www.artfactory-j.com/


イベント期間中は区内の各所でもイベントが開催されています。
詳しくは下記URL(イベント公式サイト)をご覧ください。
https://otaku-open-atelier-2022.jimdosite.com/

【Artist Report】#4 新藤杏子

ART FACTORY城南島のスタジオで作品制作を行っているアーティストの皆さんを少しずつご紹介していく企画「Artist Report」。


第4回目は、”アートフェアアジア福岡2022”への出品や既に開催が決まっている個展に向けて制作でお忙しそうなご様子の「新藤杏子」さん。


制作のご様子とインタビュー内容を少しだけ公開させていただきます!
ぜひご一読ください!

----------------------------------------------------------

繊細に描かれた作品が並ぶ新藤杏子さんのスタジオ内。



細い筆を使い、描き込んでいるご様子。


 

細かい筆致で画面に塗り重ねていきます。




とても緻密に描かれているので絵画の世界に吸い込まれてしまいそうな感覚に陥ります。­­­­






筆を平筆に変えて、絵の具を混ぜ合わせる­­­。


 

絵の具を画面に薄く延ばしていく。

 

------------------------------------------------------------------------

では早速、新藤杏子さんにお話しを伺いたいと思います!


新藤さんは絵を描く前に下書きやエスキースなどは用意されていますか?

新藤:
描く前に一応準備はしていて、撮った写真の中から使えそうなやつを引っ張ってきて組み合わせて、これだったらこうイメージに合うかなとかして、エスキースに起こしています。
あとは取材じゃないけど、いろんな所に行ってそこの土地の話とかを聞いたりした中から引っ張ってきたり、あるいは全然違うグリム童話やギリシャ神話などの民話から引っ張ってきたりして描いています。



以前から新藤さんが描いている様子を何度か拝見させてもらってきましたが、新藤さんは一発書きのイメージが強いのですが、現在はどのように描いていますか。

新藤:結局一発書きで描いているかな。やっぱり失敗しちゃうと、もう一回全部剥がしちゃうから。やっぱり水彩が主なのかな。水彩の時のかんじで、油彩を描いているという感じです。



こういった新藤さん独特の作風でもあるにじみや筆致は、手数で決まるというか。生まれるものなのでしょうか。

新藤:そうね、手数よりは下地の方に結構時間がかかっているかもしれない。とはいえ、やっぱり水彩よりは時間がめっちゃかかっています。

 

「生物の営み」をテーマに日常で関わった人々や訪れた場所の風景、また様々な土地の歴史や風土、民話などをもとに物語を構築し、描き起こしている新藤杏子さん。



最近は自然が多く描かれている印象を受けるのですが、何か理由というか、テーマがあるのでしょうか。

新藤:今回の個展のテーマを「メルヘン」にしようと思っていて、「メルヘン」って実はドイツとかヨーロッパのどちらかというと民話で、日本だとメルヘンチックとか可愛い、幻想的みたいな意味合いがあるけど、ヨーロッパの怖い伝説とかも「メルヘン」っていう輪郭に入っていて、ちょうど去年描いた作品がギリシャ神話から話をもってきたっていうのもあって、その繋がりでちょっと興味があった宮沢賢治の話とかって実は、ジャパニーズメルヘンみたいな言われ方をしていて「岩手のメルヘン」。
イーハトーブとかそこらへんって実はそういう繋がりがあって、ちょっと面白くて、意外となんか宮沢賢治の世界観って自然が多かったり、過酷だったり、ちょっと不気味だったりみたいなのがあって、そういう感じをちょっと出したいなと思っています。


-----------------------------------

ありがとうございました!

新藤杏子さんの作品が出品される”アートフェアアジア福岡2022”は2022年9月30日(金)~10月3日(月)まで、福岡国際会議場、ホテルオークラ福岡の2会場で開催される予定です。
ぜひ福岡に向かわれる方はお立ち寄りください!!

また10月は”YUKI-SIS”での個展、”アート台北2022”へ出品される予定とのこと、どのような作品が展示されるか楽しみですね!!

------------------------

*1  メルヘンとは、ドイツで古くから伝承されてきた物語である。語源は中世高地ドイツ語で「出来事の知らせ」を意味する"mære"(メーレ)。15世紀に生まれたメーレ(Mär)と呼ばれる詩の文体の短い物語に、「小さい」を意味する後尾ヒェン(chen)が付けられ、メルヘン(Märchen)となる。18世紀にフランスの妖精物語、アラブ圏の『千夜一夜物語』がドイツ語に訳され、これらをメルヘンと呼ぶようになる。
ドイツでのメルヘンの概念は、グリム兄弟の民話収集『グリム童話集』(1812年)に関係している。日本で馴染み深いグリム童話として、『あかずきん』や『白雪姫』、『シンデレラ』などがある。日本でメルヘンという言葉は、おとぎ話や童話の意味で使われ、それらの雰囲気を表す語としてメルヘンチックといった和製語も存在する。

*2 宮沢賢治(みやざわけんじ)は、岩手県(現:花巻市)出身の日本の詩人。童話作家。また教師や科学者、宗教家などの顔も持っていた。幼いころより親しんだ仏教と農民生活に根ざした創作を行い、作品中に登場する架空の理想郷に郷里の岩手県をモチーフとしてイーハトーブと名付けたことで知られている。
彼の作品は一般にはほとんど知られず、生前出版された作品は『春と修羅』、『注文の多い料理店』(共に1924年に刊行)の2冊。没後、親交があり彼の作品を評価していた詩人・草野心平の尽力により、作品群が広く知られ国民的作家となる。代表作に『雨ニモマケズ』、『銀河鉄道の夜』等がある。

--------------------------------------------------------------------------------------


【アートフェア情報】
「アートフェアアジア福岡2022」
会期:2022.9.30(金)~10.3(月) ※ホテルオークラのみ10.2終了
   9.30(金) 16:00-19:00(VIP view 12:00-16:00)
   10.1(土) 12:00-19:00(VIP view 11:00-12:00)
   10.2(日) 12:00-19:00(VIP view 11:00-12:00)
   10.3(月) 11:00-17:00
会場:福岡国際会議場(福岡県福岡市博多区石城町2-1)
   ホテルオークラ福岡(福岡県福岡市博多区下川端町3-2)
H P :https://artfair.asia/



新藤 杏子 Webサイト
https://www.kyokoshindo.com/         

常設展「KIMIYO MISHIMA Installation」一部作品展示替えに伴う臨時休館について

ARTFACTORY城南島では下記の日程で常設展「KIMIYO MISHIMA Installation」一部作品展示替えのため臨時休館いたします。ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

臨時休館日程
2022年8月25日(木)~28日(日)
※スタジオご契約者様につきましては通常通りスタジオはご利用いただけます。

1 2 3 60

このページの先頭へ↑