1. ART FACTORY城南島トップページ
  2. スタジオ
  3. アーティストの紹介

新垣 美奈 Mina Arakaki

東京都出身。 日常の中で発見した物事をテーマに、主に夜の闇と窓や街灯の光をモチーフとした作品を展開。 日常的に目にする一見何の変哲もないものに着目し、それらを通して普段は気が付きにくい身の回りの物事、それから社会の動向を捉え、同時に内面的な表現をすることを試みる。
キャンバスや紙に描く絵画の他、幼い頃からの『チラシの裏に絵を描く』感覚の延長で、食品や日用品が入っていた箱、紙袋を支持体とした作品も制作。 近年は壁画や他のアーティストとのコラボレーション、河川沿いのリサーチにも取り組む。

ウェブサイト : http://www.mina-arakaki.com/

主な個展、グループ展 
2024年  個展(店舗内展示) / JNBY代官山店(東京都) 2023年  個展(店舗内展示) / JNBY代官山店(東京都)
作品展示 / HANEDA INNOVATION CITY Square Café(東京都) 『seeping lights』 / heimlichkeit Nikai(東京都) 2021年  『花子とアン、甲子太郎とトム・ソーヤーのイラスト展』 / 大田文化の森(東京都) 2020年  『第2回地元の女性作家展』 / ギャラリー南製作所(東京都)  個展『Surroundings』/ ギャラリー58(東京都) 2018年 個展『Follow My Path!』/ ギャラリー58  個展『Here We Live』/ ドイツ文化会館 オーアーゲーハウス ロビー(東京都) 2017年  個展『Dive Into The Affectionate Darkness』 / ギャラリー58 
2016年 個展『In my daily Life, at Nights』/ ギャラリー58
2014年  個展 『Lights, Windows, Darkness at Night』 / Hasu no hana(東京都)
2013年  個展『Nightview』 / コピス吉祥寺(東京都)
個展 / Golden Child Cafe, Nagoya (愛知県)

ほか、個展、グループ展多数 受賞・入選歴 2013年  トーキョーワンダーウォール2013(平面部門) 入選  2010年  第4回V.A.A.D.ビジュアルアート大賞 入選  2009年  第10回SICF 審査委員賞・浅井隆賞 受賞   2008年  シェル美術賞2008 入選 その他 2020年  映像作品『TeTo』(Foad Alijaniとの共作)スクリーニング - 5th Make Art Not War Teaser Future Film Festival / アメリカ、カリフォルニア / アルゼンチン、ブエノスアイレス(オンラインで開催)  - 16th Athens Digital Arts Festival 2020 / オンライン開催、関連イベント『Let's Get Phygital』上映(ギリシャ・アテネ )   2018年、2019年、2020年 グリーンアロー株式会社 ボルダリングウォールデザイン・制作 (千葉県4店舗、東京都1店舗、うち作品現存3店舗)
 

タイトル:『Along The Canal』 制作年:2021年 素材:油彩、キャンバス サイズ:970mm × 1620mm

このページの先頭へ↑