1. ART FACTORY城南島トップページ
  2. スタジオ
  3. アーティストの紹介

早崎 真奈美 Manami Hayasaki

自然科学史と人間との関係、生物の生態系に興味を持ち、「生と死」「善と悪」「美と醜」等、二元性の視点から人間そのものを考察しています。科学的と思われているものの中に起こる矛盾や小さなエラーに人間らしさが潜んでいると考え、エゴ、執着心、偏見など人間の本質を探る作品を展開しています。例えば、在来種外来種に分類される生態系について。それらは、時に現代社会における様々な身近な問題を連想させるでしょう。

インスタレーションで使う紙のオブジェは「曖昧な境目」のメタファーと考えています。紙から切り出したイメージは、平面の要素を強く持ちながらも、空間に配置されることで、影を作り、平面と立体との間の曖昧な存在となります。同様に「二元性」で示されるものは、対極にあるように見えて境目ははっきりせず、決して切り離すことはできないのです。

 

<略歴>

大阪生まれ
2003年 京都市立芸術大学 美術学部 日本画科 卒業
2007年 BA Fine Art, Chelsea College of Art and Design, University of the Arts London, 卒業

<個展>
2019年 「Find Whispers of the Planet」佛山岭南天地、中国佛山市
2013年 「After Closing the Curtain」居留守文庫、大阪
2012年 「早崎真奈美展」ギャラリー16、京都
2011年 「Dear Unexpected Visitorsー親愛なる予期せぬ訪問者様ー」ガーディアン・ガーデン、東京 / ギャラリー・センティニアル、大阪
2009年 「Innocent Garden」Long & Ryle、ロンドン
2008年 「Dream Helix」Long & Ryle、ロンドン

<グループ展>
2020年 「六甲ミーツ・アート 2020 芸術散歩」六甲カンツリーハウス 、神戸
2019年 「BankART AIR 2019 OPEN STUDIO」BankART Station、横浜
2014年 「Drôle de Mérage 二つの月と太陽」二人展、ギャラリー・センティニアル、大阪
2013年 「岐阜と宇宙民藝」なうふ現代、岐阜
2010年 「Rose-Eaters ばらくい」刊行記念原画展、SHIBUYA PUBLISHING&BOOKSELLERS、東京
2010年 「遊芸三昧」二人展、国際奈良学セミナーハウス・旧世尊院、奈良
2010年 第2回「1_WALL 」グラフィック、ガーディアン・ガーデン、東京
2009年 「Seeds of the Wild」Puffin Room、ニューヨーク
2008年 「Material Worlds」Barts Gallery、ロンドン
2007年 「Su Blackwell & Manami Hayasaki」London Art Fair・Project Space、BDC、ロンドン
2007年 「Group Exhibition」20HoxtonSquareGallery、ロンドン

<受賞歴>
2010年 第2回1_WALLグラフィック、グランプリ受賞

<レジデンス・その他>

2019年「BankART AIR 2019」アーティスト・イン・レジデンス参加、横浜
2011~2019年 「Creation Project」参加、ガーディアン・ガーデン、東京
2011~2013年 「ホテルグランヴィア大阪26F、Art Works Project@KCUA」、大阪

Dear Unexpected visitors

このページの先頭へ↑