2015年6月
2015.06.30

Tama Art University Glass Works

SKM_C364e15063017110

7月4日(土)より多摩美術大学美術館にて、スタジオをご利用いただいているの谷口嘉さんが参加される展示が始まります。多摩美術大学でガラス造形を学ばれた作家の方々や先生方が集まっての展示になります。会期中はギャラリーツアーやワークショップなどのイベントも多数催されますので、ぜひご覧になって下さい。

多摩美術大学美術館

 

2015.06.17

AIR MAIL Small works by ten artists

 

SKM_C364e15061709420_0001

スタジオアーティストのエド・ミリアーノさんが参加される小品展です。

ぜひご覧ください。

 

AIR MAIL Small works by ten artists

2015年7月4日(土)-7月18日(土) 11:00-18:30

(水曜休廊、最終日17:00まで)

柳沢画廊

〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2-14-16柳沢ビル2・3F

TEL 048-822-2712

URL www.yanagisawagallery.com

 

2015.06.05

ワークショップのお知らせ

 第二回ワークショップフライヤー04

 

6/27(土)、28(日)の2日間ワークショップを開催致します。

今回は石彫作家の鈴木貴雄氏を講師にお招きし、「大理石を磨く」ということで、

大理石のクラフト作品を作ります。

大理石に触れることができる貴重な体験です。

ぜひこの機会にどうでしょうか?

ご参加お待ちしております。

2015.06.01

第1回ワークショップ ガラス細工体験「とんぼ玉をつくろう!」

s_IMG_1786

5月23日(土)に開催された、第1回ワークショップ ガラス細工体験「とんぼ玉をつくろう!」の

様子をお届けします。

今回は講師に手島由里子氏をお迎えし、カラフルなガラスを溶かしてマーブル柄のとんぼ玉を作りました。

s_image1 s_image3

まずは自分の好きな色のガラス棒、離型剤のついた芯棒を余熱します。

s_IMG_1790

ガラスが溶けてきたらゆっくりと回転させ肉溜を作ります。

s_IMG_1789

作りたい大きさになったら、芯棒で巻き取り、回転させながら形を整えていきます。

s_IMG_1796

マーブル模様にするために、細いガラスを溶かして上にのせていきます。

s_IMG_1800

 

表面張力できれいな玉になったら、20秒以内に除冷します。

このタイミングが難しいところで早すぎても変形し、遅すぎてもヒビの原因になってしまいます。

玉をウッドチップやわら灰などで除冷し後、20分ほど水に付けて冷やし、玉を外せば完成です。

s_IMG_1823

できあがったとんぼ玉は髪留めや帯留めにします。

今回のワークショップは3コマに分けて開催されました。

和やかなムードが流れつつ、真剣に取り組んでくださったので、

とても素敵なとんぼ玉を制作していただくことが出来ました。

ご参加して下さった皆様、ありがとうございました。

次回のワークショップもよろしくお願い致します。